羽が無い風車、袖ヶ浦海浜公園に行ってきた。

2016/5/15

ちょっとしたドライブで袖ヶ浦海浜公園に行ってきた!

アクアラインを通って1時間くらいかな?

HPを見るとけっこう面白そうな公園かなとそこそこ楽しみにして行ってみた。

DSC03875

海風が強烈でさすが風力発電に適した公園。でも強すぎじゃない?w

DSC03876

こんな樹木がいっぱいあったw

DSC03878

やっと風車を発見!?ブレード見えない・・・

さらに近づいてみると・・・

DSC03885

おそらく発電機と増速機はありそうだが肝心のブレードか1つもない。。。

もちろん発電もしていない。

なぜ??

「袖ヶ浦海浜公園 風力発電」で検索してみた

この風車は、県が海浜公園のシンボルとしてつくりました。建設費は7000万円とのことです。国から補助金をもらって建設しました。運用開始は、開園と同時の2004年4月です。支柱(タワー)の高さは41m、ブレードの直径は29.7mです。
「人や生き物にやさしい地球環境づくりのための自然エネルギーを活用し、公園内の電力をまかなう」が売りでした。公園で使われる電力をつくりだすだけでなく、余った電力を東電に売ることになっていました。
ところがしょっちゅう故障です。そのため、維持補修費に毎年200~300万円かかったそうで。そして、ついにブレードを撤去してしまいました。いまは支柱だけが残っています。

役立たずの風力発電より引用

なんとそんな馬鹿な!?どんだけ無計画?

ふつう風力発電を設置する場合、1年の平均風量やら最大瞬間風速などを計算して設置場所はもちろんブレードの長さや向きなどを決めるはず。

それから設置費用・保守費用と売電量と天秤にかけて何年で償却できるか決めませんかね?w

助成金をもらって建てたとのことですから、人の金で建てるならそんな計算もしないか。

そして建ててもらったはいいが、維持費がが想像以上にかかるからやーめたってところかな。

なんとも国からの助成金ということは税金。

無計画に税金7000万使ったけどもっとかねかかるんで放置しますって言ってみんな納得するのかね~