【別府地獄めぐり】白池地獄と鬼山地獄

2016/5/3

龍巻地獄と血の池地獄を見た後は少し車で移動して次の地獄へ

白池地獄!

白池地獄(しらいけじごく)は、含ホウ酸食塩泉で、噴出するときは透明だが、外気に触れ温度が下がると白濁することからこの名が付いた。熱帯魚館が併設されている。2009年(平成21年)、別府の地獄として国の名勝に指定。

Wikipediaより

DSC03798

DSC03793

乳白色のような色をしている地獄。

そこから歩いて鬼山地獄へ

鬼山地獄(おにやまじごく)では、緑白色の熱水をたたえた池を中心に、その熱を利用して広大なワニ園が整備されていてイリエワニ、シャムワニ、メガネカイマンなどの約100頭のワニが飼育されている。このため、別名ワニ地獄とも呼ばれる。ワニの飼育は1923年(大正12年)に始められたもので、1925年(大正14年)から1996年(平成8年)まで生きた世界最長寿記録を持つワニ「イチロウ」の剥製もある。シンボルとなっている建物はマレーシアのサラワク州から移築されたもの。

Wikipediaより

DSC03801

DSC03802

ここは温泉の熱を利用してワニを飼育中

DSC03804

かなりの数のワニが見れます。

DSC03809

小さいワニが生まれたらしくて小さいワニもいたw

DSC03808

これぐらいなら小さくてかわいいw